ツギドコ

人生は旅。「次はどこへ行こう」略してツギドコ。

【レゲエ】相良シーサイドジャーミン(シージャミ)に行ってきた

スポンサーリンク

f:id:nextlocation:20180725221444j:plain

15周年を迎えた牧之原市相良の野外レゲエイベント「SAGARA SEA SIDE JAMMIN」に行ってきました。
静岡に住んでいながら初めて行ったシージャミのイベントリポートです。

相良サンビーチの海の家で開催

f:id:nextlocation:20180725222559j:plain

7月15日、日曜日。
明るい時間から夜まで行われたシージャミ。
日焼け覚悟で遊びに行きましたが、海の家を貸し切ってのイベントだったため、日焼けはしませんでした。

写真は地元サウンドのSAGARAgga BASS。写真を撮り忘れてインスタにあげたストーリーをスクショしたため画質悪いです。
悪しからず。

思わずストーリーで動画を撮ってしまったこの時は、KoffeeのBurningのダブをプレイしていました。
最近激アツのこの曲ですが、ダブで聞いたのは初めてでした。

サウンドでいうと、地元静岡の重鎮、REVOLUTION GANGはイベント2日前に録ったというスピナビルのライオンの子のダブをかけていました。
ライオンの子のダブはイベントで聞きがちですが、リリックにオリジナリティがあって渋かったです。

静岡のサウンド、結構好きです。

サウンドタイムの間には、ダンサーによるダンスショーケースや地元ディージェイのラバダブがあり、ゲスト登場前も楽しめました。

15周年のシージャミは豪華ゲストがいっぱい

スペシャルゲストはなんと5人。
各ゲストをオススメ曲(動画)とともに紹介します。

ONGYA

f:id:nextlocation:20180725224511j:plain

トップバッターはONGYA。
写真の通りまだ明るい時間でした。

ONGYAのライブを見たのは初めてだったのですが、バイブスが高くてメッセージも高くより好きになりました。

星の人。

H-MAN & JR.DEE

f:id:nextlocation:20180725225102j:plain

まさに、ラバダブマスターの共演。
ラバダブしつつ、懐かしの曲も聴けて往年のファンの人も楽しそうでした。
Jr.Deeさんはイベントに子供連れてきがちですね。
そっくりでかわいい。
今回息子さんはマイク握りませんでした。

NG HEAD

f:id:nextlocation:20180725225506j:plain

昨年末にクラッシュを繰り広げた西の筆頭、NG HEAD団長。
バイブスがさすがですね。
野外で聞く団長は、クラブとはまた違って聞こえました。

f:id:nextlocation:20180725225916j:plain

ONGYAとのコラボチューンも聴けました。

生のNa Na Naはいつも感動モノ。

 Papa U-Gee

f:id:nextlocation:20180725230120j:plain

静岡のラガマフィン。
焼津の町づくり親善大使にも選ばれる地元のスターです。
T.O.KのGi Gi Winerのリディムに乗せて名曲「焼津港」で締めたのがカッコよかったです。
あと、ビールをわざとぶちまける輩に対して、アドリブで曲の中でやめろと言ったのが、角を立てない大人だとリスペクト。

f:id:nextlocation:20180725230734j:plain

バックでJr.Deeがカットに入っていたのも、現場ならではの楽しさでした。

静岡に帰ってきてからは、最低年1パパユージのライブを見に現場に行きます。

まとめ

シージャミは、来年も遊びに行きたいイベントでした。
1点後悔は、ディージェイのTOMMYさんが「この中で歌ってみたい人いる?」と聞いてくれたにもかかわらず手をあげれなかったこと。
来年までに度胸つけておくのでまた来年もお願いします。。

 

やーまん